会長挨拶

   
 
 
 
厚岸町商工会
会 長 宮 原 文 憲 氏
   
平成28年5月
 
平成28年度事業計画(案)

1.基本方針


 相次ぐ自然の驚異、地球規模での環境変化、消費増税やTPP問題、人口減少、外交問題等々課題山積ではありますが、国・道では“地方創生”に力点を置き、厚岸町では人口減少に歯止めをかけるため昨年度末に厚岸町人口ビジョンと厚岸町未来創生総合戦略を策定しました。
 地域コミュニティ維持には「働く場」の確保が最重要であるとの認識から、「小規模企業基本法」制定を受けて小規模事業者の持続可能性を図るため、「経営発達支援計画」認定により商工業振興支援を展開して参ります。
 昨年度より、道東高速道が阿寒インタ-まで開通し釧路圏域への交通アクセスは、より利便性を増し、新たな事業展開を仕掛ける環境が整いつつあります。厚岸漁協が取組む新たな牡蠣種苗生産施設や鮮度保持技術を活用した海外輸出展開、衛生管理型漁港施設の本格着工や、釧路太田農協が取組む厚岸産生乳の高度活用施設による乳製品のブランド化、ウィスキ-「厚岸蒸留所」の今秋の稼働など「厚岸ブランド」の確立に向けた事業展開が着々と進んでいます。
 商工業界の課題は多く、既存の考え方にとらわれない新たな発想や工夫で克服して行かなければなりません。
 本年度も会員各位のご理解ご協力を心よりお願い申し上げますとともに、北海道、厚岸町及び関係各機関並びに釧路太田農協、厚岸漁協各位のご指導ご支援を賜りますよう願い上げます。
 以下、本年度の事業計画についてご提案申し上げます。

 

2.重点事業計画


① 町内人口が1万人を割り、このような状況が続けば住民サ-ビスや基盤整備は益々減退する事が予想されるため、厚岸町が策定した人口ビジョンと未来創生総合戦略を参考に「コンパクトシティ-」化を議論し、まちづくりの効率化を研究します。

 

② 会員巡回訪問を最重点に取り組みます。会員個々の経営状況把握と経営課題を抽出し会員と共に経営改善計画立案などの会員に寄り添った巡回支援を行います。

 

③ 高速道は阿寒インターまで開通しました。道東自動車道釧路・根室間建設促進期成会が決定した整備優先区間が「尾幌~糸魚沢」間となったことを受け、今後とも厚岸町並びに関係機関と連携し、更に強力に高速道路事業化への活動を展開して参ります。

 

④ 交流人口(観光客)の受け入れ態勢の充実に取り組みます。基幹産業の漁業・農業の活性化による交流人口増加を予測し、宿泊や各種サ-ビス体制の確立へ向け議論を進めて参ります。

 

⑤ 地域活性化への貢献活動を推進するため農協・漁協、各種団体と連携し「厚岸産業感謝祭」を実施します。また、町や観光協会が主催する各種イベント等にも積極的に参加して参ります。

 

⑥ 今年度に認定予定の「経営発達支援計画」により、小規模企業個者支援を強力に行います。

 

⑦ 組織強化と財政基盤確立のため、未加入者の会員加入推進や農漁商工連携、6次化支援対策新規創業等様々な形態への支援相談を推進します。

 
qrcode.png
http://e-akkeshi.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<厚岸町商工会>> 〒088-1128 北海道厚岸郡厚岸町港町2丁目49番地 TEL:0153-52-3185 FAX:0153-52-3187